染毛剤でリュウマチ様関節炎に

毛髪染剤を使用している女性はリュウマチ様関節炎にかかる確立が1.9倍になるという研究結果が発表されました。
スウエーデンの大学病院における1980年から1995年までの症例を網羅し、このうち422症例を対象に生活習慣等についてアンケ−ト調査を実施したものです。毛髪染剤の外にも、リュウマチ様関節炎に罹患する確立が、閉経の早い女性で増加(2.5倍)、インシュリン治療をしている女性で増加(10.2倍)、過去に関節にケガをしたことのある女性で増加(2.5倍)、喫煙で増加、個人所有の井戸がある家で生まれた男性で増加、家屋内でのカビへの常時暴露で増加することなど、面白い結果が出ています。
また、毛髪染剤を定期的に使用している女性は膀胱癌を発症する確立が高くなるという研究報告も発表されています。米国立癌研究所の資金援助を受け、米カリフォルニア州ロサンゼルスで1514件の膀胱癌の症例を調べた大規模な研究で、このうち毛髪染剤を使用していた897症例について、毛髪染剤の使用状況について同数のコントロ−ルグループ(対象群と同じ年齢、性別、民族性で毛髪染剤を使用していない人)と比較しています。発癌に関連することが明らかになっている喫煙の有無などの要素も考慮に入れて確率を算出した結果、毛髪染剤を月に最低1回使用している女性では、膀胱癌になる確率が2.1倍になること、また、毛髪染剤を定期的に月最低1回、最低15年間使い続けてきた女性では、3.3倍以上になることが判明しました。職業上の毛髪染剤への暴露でも、美容院や床屋で10年以上働いていた人では、膀胱癌になる確立が5倍になることが明らかになっています。

〜ち・おニューズレタ−より〜