喘息と吸入ステロイドについて

喘息は慢性の炎症性疾患として認識して、抗炎症治療を適切に継続することにより患者のQOLの向上と喘息死の減少が期待される、とEBM喘息治療ガイドラインには示されています。(この抗炎症治療の代表的なものが、吸入ステロイド薬です。)
今回はこの吸入ステロイド薬についてです。

吸入ステロイドは局所炎症効果に優れ、他の剤型のステロイドと比べ、全身的影響が少ない薬剤であり、現時点における効果的な喘息治療薬であるとされています。
長期管理における薬物療法に於いて、吸入ステロイド薬は喘息患者の気道炎症を改善し、あらゆる喘息患者に有効ですが、中等症、重症例では、気管支拡張薬、抗ロイコトリエン薬などの併用薬の追加が必要となります
吸入ステロイド薬の骨、副腎機能などへの全身的影響に関しては、高容量使用例で可能性があるので、長期に使用する場合には最小の至適投与量を模索して行くべきです。

 吸入ステロイドで、急性副腎不全になった例が、英国で報告されました。この急性副腎不全の患者のうち94%がフルタイド(一般名 フルチカゾン)を使用していました。(フルチカゾンはベクロメタゾンの2倍の強力な抗炎症作用があるということで発売されたものです。)
この報告例では、使用量が常用量を超えていましたが、他の調査の結果、非常に大量を使って初めて副腎不全が起きるのではなく、長期に使用すれば副腎機能に影響がありうることが報告されています。
ベクロメタゾン(日本での商品名はアルデシン、ベコタイドなど)やブデソニド(商品名パルミコート)の添付文書には「副腎抑制」の注意は記載されていませんが、フルタイドの添付文書には「全身性の作用(副腎皮質機能の抑制、小児の成長遅延、骨密度の低下、白内障、緑内障を含む)が発現する可能性がある」とかかれています。

♪ だからといって、フルタイドを使用している人はあわてて他のステロイド吸入剤に変更するのではなく、まず、早朝の血中コルチゾル濃度を医療機関で測定してもらうことをお勧めします。その上で、低下しているようであれば、徐々に減量すること、場合によっては内服のステロイド剤を使用するなど、急性副腎不全の症状が出ないように注意しながら、他の薬剤にきりかえてもらうのがいいのではないでしょうか。正常な人も、いつ副腎機能が抑制されるかわかりませんので、他の安全なステロイド吸入剤に変更することをお勧めします。

〜EBM喘息ガイドライン、薬のチェックは命のチェックより〜