私たちの飲み水について


21世紀は「水の世紀」ともいわれ、水はいのちに欠かせないものですが、今世界では10億を超える人々が、質量ともに水不足の状況にあると推測されています。水道の普及率が97%の日本では、蛇口をひねればいつでも私たちに必要な水が得られると思いがちですが水環境は悪化しつつあります。
水が安心して飲めるよう、水道水の基準の強化ばかりでなく、水源地での廃棄物処理場建設など汚染の元を断つ取り組みも必要です。

水源から家庭の蛇口まで飲み水を汚染するもの
◆ 水源の汚染 1 ゴルフ場
ゴルフ場で大量に使われている除草剤や殺虫剤などは原水を汚染しています。また、ゴルフ場は山間部で川の上流部に造成されることが多いために、水源を汚染することになります。その規模は、18ホールでおよそ100ヘクタールもの自然を切り開く大規模な自然破壊であり、地下水の枯渇の原因にもなります。
◆ 水源の汚染2 農地
水源地近辺、あるいは取水口より上流域での農地に散布された農薬が原水を汚染します。特に大量に使用される初夏から夏にかけては原水が汚染される割合が多くなります。無農薬農法が最善の方法ですが、次善の策として急性毒性が小さく発がん性や遺伝毒性、内分泌かく乱作用のないことが確認された農薬のみを使用可とすべきです。
もうひとつの大きな問題は、必要以上に散布されたチッソ肥料は最終的に硝酸性チッソに変化して河川や地下水を汚染します。大量に硝酸性チッソが含まれた水を連続して飲用すると、血液中のヘモグロビンがメトヘモグロビンに変化して酸素運搬能力が低下し、小児や老人ではチアノーゼを起こすメトヘモグロビン血症になる危険性があります。硝酸性チッソは浄水処理では除去できないので、対策としては窒素肥料の散布量を制限するしかないと考えられます。

◆ 水源の汚染3 オートキャンプ場
水源地近辺や取水口より上流域でオートキャンプ場を整備するところが増え、食器洗いやシャンプーに合成洗剤を持ち込み、原水が汚染されます。
さらに、多くの場合トイレの浄化槽は最大収容人数に合わせた処理能力がないものが設置されています。従って、夏休みなど大勢の利用者があると処理しきれずに、し尿を河川へ垂れ流すことになり、原水を汚染します。

◆ 水源の汚染4 原虫クリプトポリジウム
水源地近辺や取水口より上流域でレジャー施設ができたり、畜産施設ができたりして、人為的汚染が進んだ結果、腸管に寄生する原虫であるクリプトスポリジウムが検出されることが多くなりました。この原虫は下痢を起こしますが、免疫機能の正常な成人では数日で回復します。このクリプトスポリジウムは浄水場で消毒剤として投入される塩素に対して抵抗力があり、死滅しないのです。

◆ 水源の汚染5 産廃処分場
水源地近辺や取水口より上流域に作られた産業廃棄物処分場や、人目につかない山間部の谷へ不法投棄された廃棄物が、水道水の原水を汚染しようとしています。
95〜96年にかけて環境庁が全国の安定型処分場の排水を調べたところ、約4割から有害重金属や発がん性物質が検出され、そのうちヒ素、水銀、鉛、ベンゼン、ジクロロメタンなどがそれぞれ地下水質の評価基準を超えていたところがあったそうです。

◆ 水道水の汚染1 鉛配管から慢性毒性物質
鉛はさびず簡単に曲げることができるので配水管として利用されてきました。さらには、メーター回りなどの継ぎ手部分にも用いられてきました。

ごく微量の鉛を長期間摂取したことによる慢性毒性が問題となって基準値が厳しくなりました。現行の0.05mg/l以下から03年度には0.01mg/l以下へ強化されます。その慢性毒性というのは、主として乳幼児の知能発達障害です。
朝一番の水とか数時間以上使わなかった場合は、滞留した水をトイレや洗濯に回すなどして充分に放出してから飲用にすべきです。

◆ 水道水の汚染2 塩素による水道水の味とにおい
水道水には水道法の定めに従って、消毒のために塩素が注入されています。ところがこの塩素によるいわゆるカルキ臭が異常な臭味として感知されることがあります。厚生労働省の指導により、遊離残留塩素は1r/lを超えないように浄水場でコントロールされています。

◆ 水道水の汚染3 トリハロメタン
原水へ浄水処理の過程で塩素を注入する時に有機物が存在すると、トリハロメタンが発生します。トリハロメタンには数十万分の一という確率での発がん性があり、その低減化が大きな課題となっています。そこで原水に直接塩素を注入するのではなく、沈澱処理を終えて有機物が激減した沈殿処理水に対して塩素を収入する方法が主流となっています。

消費者リポート1185.1186号より