おかしな「健康食品」


■ おかしな「健康食品」

健康ブームに乗って、多様な健康食品が市場に出回っていますが、今回、日消連の調査で「有機」をうたった健康食品「エキナセア」(ナチュラリー・ノバスコシア・ヘルスプロダクツ社の3製品より)から残留農薬が見つかりました。検出された農薬はDDTとディルドリンの殺虫剤です。この製品は「有機JAS認定」をうたっていますから、JAS規格のあり方も問われます。
まだ他にもおかしな健康食品の例はあるようです。いくつかのケースを上げてみますと、1999年国民生活センターの調査結果によるとダイエットや便秘に効くとして売られている「センナ茎」等利用の食品から茶類の1銘柄から0.62ppm、錠剤1銘柄から0.30ppmのBHC(有機塩素系殺虫剤)が検出されています。他にも、遺伝子組み替え食品いらない!キャンペーンと『週間金曜日』がプロテイン製品12品目を調べたところ、01年12月に7品目から遺伝子組み替え大豆が検出されております。また、農薬や遺伝子組み替えなど人為的に加えたものではなく、もともと原料に含まれながら、製品化の過程できちんと取り除かれていないために、体に害のある物質が含まれている場合もあります。それがイチョウ葉食品に含まれる「ギンゴール酸」です。イチョウ葉には、濃度は低いのですがアレルギー物質であるギンゴール酸が含まれており、多量に摂取すると皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こすといわれています。国民生活センターでは02年、16品目のうち12品目からギンゴール酸を検出しています。

■ 健康食品、摂りすぎによる健康被害と問題点

「豊食」「飽食」「崩食」といわれる時代の中で、食べ物の摂り方の偏りが栄養過剰時代の「現代型栄養失調」という状況を招いています。サプリメントや健康食品愛用者が急増する背景も、健康に対する漠とした不安や、現行の医療制度に対する不信など、「自分の健康は自分で守らなくては」という思いの表れからかも知れません。
ところが、サプリメントや健康食品についての正しい知識と情報を持たずに安易に利用したり、子どもにまで利用を広げたり等々、栄養素の過剰摂取が懸念され始めています。
過剰摂取による害でよく知られているのが、ビタミンAの例ですが、妊娠直前の人や、妊娠初期の人が大量にとり続けていると障害をもつ子どもの出産の割合が高くなるとの報告があります。活性酸素の害が明らかになり、ビタミンAやEの利用が増えていますが、A・D・Eなど脂溶性ビタミンは食欲不振を招きます。また、骨を丈夫にと、カルシウムを過剰摂取することも腎臓結石や尿路結石の原因になります。摂取不足が味覚障害の原因として注目されている亜鉛もサプリメントによる過剰摂取は、銅の吸収を妨げます。他にも、葉緑素を含む「葉」や「クロレラ」なども、十分に注意しないでアルコール抽出したものなどでは、光にあたると湿疹が出る成分が含まれる場合があり、要注意です。
通常の状態では健康に良い微量栄養素といわれるものでも、抽出して高濃度に濃縮したものを過剰に摂りすぎると、障害を起こすものもあります。栄養摂取の基礎はあくまでも日常の食事にあることを忘れず、その上で内容に不安が生じたときは、専門家の栄養診断、食生活チェックを受け、安全性や品質が評価されている適切な健康食品を選択することです。

〜消費者リポート 1226・1227合併号〜