かぜとインフルエンザについて

インフルエンザにある種の解熱剤を使うと脳症の危険性があるということで、やっと厚生労働省が規制をするようになりました。しかし、昨冬はインフルエンザは怖いとのキャンペーンがなされ恐怖を煽る情報も多かった中、少しかぜ、インフルエンザについて知っておきたいと思います。


◆かぜとインフルエンザについて

かぜは、正式には「感冒症候群」とか「かぜ症候群」とも言います。少し前まではインフルエンザを「流行性感冒」と言っていたように、要は、少し症状のきついかぜがインフルエンザです。
インフルエンザウイルス(A,B,C,型)のほか、ライノウイルス、コロナウイルス、コクサッキーウイルス、パラインフルエンザウイルスなど多くのウイルスが「かぜ症候群」の原因になります。100種以上になると言われています。
かぜの流行時、特にインフルエンザ流行時に寒気がして高熱が出て咳もすると言った場合はまずはインフルエンザと言う診断はつけやすいし、今は検査キットもありますから、診断そのものはかなり確実になってきています。
ライノウイルスは鼻かぜの原因として一番多く、秋から冬にか初冬にかけての患者さんが多い。大人ではたいていは鼻かぜですが小さい子どもは重くなることもあります。
かぜとインフルエンザの違いは「症状」と「感染力」です。インフルエンザは大きく分けてA,B,C型の内、一般的なかぜよりも症状が強い言われているのは、A型。症状も感染力も強いけど治りは早い。C型はほとんど流行することがなくて、症状は軽いが長引くことが多い。B型は流行しない年とする年があり、症状の強さや経過はA型とC型の中間。
インフルエンザウイルスやコロナウイルスは人だけでなく鳥や動物のウイルスに出会ったときに変異を起こします。はしかや風疹などは動物のウイルスとの変異は起こさない。だから、ワクチンが有効なのです。でもインフルエンザはウイルスの変異に追いつこうとしてもいたちごっこになってしまうのです。

◆抗インフルエンザ剤について

抗インフルエンザ剤はA型でも効かないタイプもあるし、小児の場合24時間すぎると極端に効力は落ちるようです。効くといっても約一日治りが早くなる程度のようです。もともと何らかの病気のある患者さん(免疫状態が悪いなど重症化するかもしれない人)にこそ効いて欲しいのですが、今のところ十分なデータ―は出ていないようです。

ではどのように過ごせば?
・安静第一で様子を見る。 ・寒気、悪寒が来たら、体を温める。
・体温が上がってきたら薄着に。 ・基本的には体温を下げる必要はない。
・ 頭痛や関節痛などの痛みで眠れないときにはアセトアミノフェンなどを少し使う程度で、普段健康なら検査や抗インフルエンザ剤には頼らなくても良いのでは。
・ 非ステロイド抗炎症解熱剤は使わない。鼻水止めや咳止め、吐き気止めも症状は和らぐが最終的な治りは遅くなる。


◆かぜは万病のもと、とは?

かぜはいろんな病気の原因と言うことや、病気の中にはかぜに良く似た症状で始まるものがたくさんあるということでは。かぜ以外の病気かどうか見分けるのは大変ですので医者がいるのですが、目安としては、

・咳だけで熱が出ていない場合→ 喘息や心不全?
・ ある特定の季節だけくしゃみ、鼻水→花粉症?
・ 38℃以上の熱(特に38.5℃以上)+脈が速い+呼吸が速い→重症感染症
38.5℃以上あって、脈拍が90(1分間)を越えている(成人の場合)、呼吸数が20(1分間)を越えている場合は血液検査をして抗生剤が必要ではないかなどの目安にします。
・ 高熱+黄色または緑色の痰→肺炎?
・ 高熱+粘りがあって黄色い鼻汁+頬の強い痛みや目の下の腫れ→副鼻腔炎
副鼻腔炎の場合小学校低学年の何割かはかぜのときに罹るけれどそのほとんどは自然治癒していると言う研究もあります。高熱や鼻汁プラス「ひどく頬や頭が痛い、目の下が腫れてきた」という症状が加われば受診が必要かもしれませんが、多くは自然治癒するもののようです。

〜薬のチェックは命のチェック 12号より