インフルエンザの予防と治療の基本


インフルエンザやかぜの流行る季節になってきましたが、どのような対処法があるのか、確認して選択して行けるといいですね。


■インフルエンザの予防と治療の基本
インフルエンザウイルスは、閉鎖した空間でくしゃみや咳で飛び散った飛沫のなかのウイルスで空気感染する。インフルエンザウイルスは冷たい場所でよく増え、高温では増殖できなくなる。真冬に流行するのはこのためだ。電車や狭い教室内でマスクをすることは、クシャミによる直接の大きな飛沫を大量にばら撒かないため、あるいは空中に飛散したウイルスを含む粒子が鼻や口に直接入り込み難くし、また喉を冷やさないようにできるので、意味があるかもしれない。
治療には解熱剤は基本的には使わない方が良い。頭痛がひどくて眠れない場合にだけアセトアミノフェンを少量使う程度にして、解熱剤は使わずに安静にしている方が早く治る。解熱剤を使用して、無理をするとこじらすもとだ。抗生物質も本来不要だ。


■風邪について
かぜは正式には、かぜ症候群という。鼻からのど(上気道)にかけて起きた急性のカタル性炎症と定義される事がある。カタル性炎症というのは、粘膜の破壊を伴わない程度の軽い炎症を意味する。粘膜表面には水鼻のようなさらっとした液が出る。クシャミ、鼻水、喉の痛みのほか、咳や痰、下痢、全身がだるく関節痛などの症状が出るが、たいていは2〜3日から数日で治る。A型、B型、C型のインフルエンザウイルスの他、ライノ、コロナ、コクサッキーなど100種類を超えるウイルスが原因となりうる。この他、マイコプラズマ(細菌より小型でウイルスより大きい微生物)も軽い場合にはかぜ症状だけで治る。かぜそのものが重くなる事はごく稀で、それよりも重い病気の初期の症状が咳、痰、発熱である事のほうが重要である。
たとえば、心不全や喘息は、軽い咳から始まる事が多い。重い感染症である敗血症や肺炎も発熱で始まるし、花粉症も始めは鼻かぜと区別しがたい。
患者にとってはかぜ症状が他の重要な病気の始まりでないか医師によく確かめてもらう事が一番大切だ。他に重大な病気の可能性がなければ、抗生物質や解熱剤は基本的には不要である。かぜをこじらせないためには、日頃から過労を避け、不要な薬剤の使用を避け、充分な睡眠と休養をとることが最も大切である。


■解熱剤について
かぜなどで病気が重いほど熱は普通高くなる。熱の高さは病気のバロメーターとも言える。だから、解熱剤で熱が下がると、病気が良くなったような気分になるのは無理もない。 しかし、間違ってはいけない。解熱剤が元の病気を良くすることはない。ウイルスや細菌など病原体が身体に進入してきたとき、これを排除しようとする作用の一つが発熱や炎症反応だ。ウイルスや細菌は熱に弱い。熱が出ると体もきついが、ウイルスや細菌はもっときつい。その反応を抑えるとどうなるか。ウイルスや細菌は却って勢いを増して病気の治りがかえって遅くなったり、感染が悪化したり、脳症など重い病気を併発する事につながります。
特に抗炎症剤系の解熱剤は使わないほうが良い。解熱剤を使うにしても、アセトアミノフェンを医師に処方してもらって、熱や痛みで睡眠が妨げられて体力が消耗しやすい場合などに限って、体温を1度程度下げるくらいにゆるく効かせるのが安全だ。


■熱性痙攣について
6歳未満の乳幼児にとって熱性痙攣は重大な関心事です。感染症で全身性の発熱時にはインターフェロンなどサイトカインが誘導されるために痙攣は起こしやすくなっています。そのような状態にあるときに、他に痙攣を起こしやすくする薬剤、例えば抗ヒスタミン剤やニューキノロン系抗菌剤、テオフィリン、非ステロイド抗炎症剤、大量のペニシリン剤やセファム剤などが使用されると痙攣はさらに誘発されやすくなります。
したがって、ウイルス感染症の際は、本当にこれらの薬剤が必要かどうかを厳密に吟味してからどうしても必要な場合にのみ使用するべきです。又、テオフィリンなど血中濃度のモニタリングができる薬剤では、使用する場合には血中モニタリングを実施しなければなりません。

解熱剤で脳症にならないために(医薬ビジランスセンター)より