アナログ携帯電話と脳腫瘍


アナログ携帯電話と脳腫瘍
スウェーデンのオレブロ大學で行われた研究で、1997年から2000年の間に脳腫瘍と診断された1617人と同数の健康な人を対象に携帯電話の使用について調査したもの。
その結果、携帯電話を使っている人は、いつも使用する頭片側に脳腫瘍を発症する可能性が2.5倍高い事が示された。癌発症率では、携帯電話使用者で3倍以上高いと言う結果になった。過去10年以上携帯電話を使用してきた人を対象とするため、この研究では対象をアナログ電話の使用者に絞っている。現在広く普及しているデジタル電話について調査を行い、健康影響が明白になるまでには、まだ数年かかるだろうと研究者は言う。
    ― ち・おニューズレターより ―