季節の変わり目、体調は如何ですか?手軽にできる手当て法


季節の変わり目、体調は如何ですか?手軽にできる手当て法
* こんにゃくの温湿布
肝臓、腎臓は全身の要とも言う大切な臓器です。体の浄化槽をしてくれるこの臓器が弱ると、全身の老廃物も流せないので、色々な慢性病を起こします。
どんな病気でも、また疲れたときでもこの肝臓・腎臓の手当てをすると、全身の体調が良くなってきます。

こんにゃく二丁を熱湯の中で10分ほど煮て、これをタオル二・三枚につつみます。そして下腹と右乳下(肝臓)の上に置きます。三十分ほど温めてから、冷たいタオルで拭いて、次にこんにゃくを腎臓(背中の細腰より3センチほど上の背骨の両脇二つ)にあてます。これも三十分くらいいします。(こどもは十分〜十五分くらい)